• 2021.8.15

“地産外商”の取り組み 第1弾「そうだがつお」

 “地産外商”の取り組み

 宅配クック123を運営する株式会社シニアライフクリエイトは、高知県土佐清水市と締結した「包括連携協定」に基づき、土佐清水食品株式会社と協同で、同市の特産物である「そうだがつお」を使用した高齢者向け食材「そうだがつおの角煮」を開発いたしました。「そうだがつおの角煮」は、宅配クック123のお弁当で提供いたします。

「そうだがつお」は宗田節の原材料に使われることが多く、通常の鰹節やサバ節に比べて血合いの部分が多いため、味が濃厚で色がつくのが特徴で、旨みとコクがある出汁がとれることで知られています。
その栄養価も高く、必須アミノ酸が多く含まれており、中でもタウリン(アミノ酸の一種)は、鰹節の約3倍といわれています。またビタミンDの量はカツオの2倍以上で、骨の形成を促す働きがあります。要介護高齢者の内20%から40%が低栄養と言われておりますので、低栄養の予防にも期待できます。

宅配クック123では、今後も各地域の良質な食材を使用した商品を開発し、「体の栄養」を考えたお弁当を全国の高齢者の食卓へお届けしてまいります。

ページ上部へ戻る