• 2021.5.26

ケアマネジャーのWORK&LIFE Vol.26

大竹聡明さん

介護福祉士、主任介護支援専門員兼管理者

たまたま求人を見て、未経験のまま福祉の仕事をスタート

 若い頃は色々な職業を転々としていて、20年ほど前はトラックの運転手をしていたんです。そんなとき、有料老人ホームの求人のチラシをたまたま見て、「やってみようかな」と思ったのが、福祉の仕事を始めたきっかけです。
 そのホームでは、資格がなくてもOKということだったので、まったくの未経験で知識もないまま入職しました。そして仕事をしながら、まず介護福祉士の資格を取り、2007年にケアマネの資格を取りました。
 そこでそのままケアマネとして働くこともできたのですが、できれば自宅近くの事業所で働きたいなと思っていたこともあり、今の事業所に「働かせてもらえないか」と直接お願いしに行ったんです。求人などは出ていなかったのですが、ちょうど退職される予定の方がいて、運良く採用してもらい、今年12年目を迎えました。
 ちなみに、当事業所では介護保険が始まるずっと前、1988年から「たすけあい」という、今でいう有料ヘルパーのサービスをスタートしています。家事のほか清拭・食事や排泄、通院の介助などを低額で行うサービスで、当事業所の強みの一つだと自負しています。

仕事の楽しさと感謝される喜びがモチベーションに

 まったく未経験からのスタートでしたが、介護の現場はとにかく楽しかったです。もちろん、最初は排泄介助など大変なこともありました。でも、ヘルパーとして仕事をしていく中で、利用者の方をただお世話する、というのではなく、色々学ぶことがあることに気づき、お互いに支えあっている関係だな、と感じられるようになったんです。
 それに、利用者の方から感謝されればやはり嬉しいですし、「ありがとう」の一言で、この仕事をやってよかったと思えるんです。そうした積み重ねで、この仕事を続けてこられたと思っています。

ケアマネはチームの一員。よく話しを聞き、上手に問いかけることも意識

介護の輪

 ケアマネとして心がけているのは、やはりよく話を聞くことと、ご自分のことをすんなり話してもらえるよう、うまく問いかけること、でしょうか。それは利用者の方だけでなく、ご家族に対しても同じです。やはり利用者の方やご家族の要望や意向が一番大切なので、それをできるだけ聞きとって、僕たちがどれだけそれを支援できるかが大切だと考えています。
 また、介護以外に色々な相談をされる方も中にはいて、「さすがにそれは介護保険の範疇ではできない…」ということもままあるのですが、そういうときも角が立たないように心を配っています。
 これからケアマネになりたいという方や、なったばかりの方に伝えたいのは、ケアマネは一人ではできない仕事だということ。ケアマネはあくまでも、利用者の方を取り巻くチームのメンバーの一人。デイサービスのスタッフや医師など、様々な人たちとタッグを組んでやる仕事ということを意識してほしいと思います。

休日は家事を手伝い、テレビで野球観戦するのが楽しみ

 家族構成は妻と2人の子供、妻の両親の6人です。義理の両親は介護が必要な年齢に差し掛かっていますが、自分の経験が活かせるので、色々と助かっています。夫婦共働きということもあり、日曜と祝日の休日は家事を手伝ったり、一緒に買い物に行ったりして過ごすことが多いですね。あと、かわいい猫たちと一緒にいられるのも、休日の楽しみの一つです。
 食事に関しては、自分で料理もときどきしますが、とくにこだわりというのはなく、食べたいものを食べています(笑)。平日のお昼は事業所が近いので、自宅に帰って食べることができ、お弁当などを用意しなくていいのはありがたいですね。
 趣味というのもこれといってないのですが、野球のシーズンはよくテレビで試合を観戦しています。お気に入りの球団があるわけではなく、好きな選手が出ている試合を片っ端から見るんです。休日はお昼頃から中継をやってるので、それをのんびり見るのが楽しくて、ときには3試合を並行して見ていることもあります。野球のオフシーズンは、テレビをザッピングしているので、そう考えるとテレビ鑑賞が趣味、と言えるのかもしれません。

このまま勤め上げ、後進に仕事をうまく引き継ぐのが目標

 健康については、決まったスポーツをしているわけでもなく、ジム通いなどもしておらず、ときどきお風呂上がりに気がむいたら柔軟体操やストレッチをするぐらいです。
 以前は利用者の方を訪問する際に、片道20分ぐらいの場所なら自転車で行くようにしていました。ただ、今はコロナでなかなか訪問できず、少し運動不足になっているかもしれません。そのせいもあってか、最近太ってしまったので、なんとかしないといけないな、とは思っています。
 そして仕事の面での目標は、まず職場で上手に世代交代ができるといいな、と考えています。今の事業所は7人ケアマネがいるんですが、先日先輩が退職してしまい、自分より上の人が一人しかいないんです。残り5人は全員年下なので、ケアマネとして、また管理者として、彼らにスムーズに引き継いでいきたいですね。
 あとは月並みですが、定年まで今の職場でしっかり働けるように、これからも頑張っていきたいと思います。

所属先:ワーカーズ想

ページ上部へ戻る