• 2019.4.24

ケアマネジャーのWORK&LIFE Vol.2

実際に働いてみたら楽しく、やりがいも十分だった福祉の仕事

 介護の仕事に就いたのは、高校卒業後の進路の一つだったというだけで、元々福祉の仕事をしたかったというわけではありませんでした。でも、実際に働いてみたら、高齢者の方々も周囲のスタッフも皆親切で、楽しいと思える瞬間がたくさんあり、やりがいも感じています。
 ケアマネの仕事は、まず利用者の方やそのご家族と知り合いになって、その方たちが自宅や地域で生活していくために何が必要かを、一緒に考える事が大切だと思います。これまでやってきた施設ケアマネとの違いは、施設の中での介護職と医療職などの関わりをそのまま外に出しただけというイメージなのですが、関わる専門職や地域の人が幅広くなり、その分たいへんです。でもだからこそ、やりがいが大きいのだと思います。

 現在は包括支援センターに勤務していますが、地域で困っている方の相談を受けたり、介護保険の対象となる前のみなさまへ、介護保険関連の事や地域でのつながりについて等の周知活動を主に行っています。近年では認知症に関する関心も高いので、認知症の概要や、認知症になっても安心して住み続けることができるような地域にしましょう、といったお話をすることが増えてきました。
 とくに、自分が今のケアマネの仕事で大切だなと考えているのは介護保険の伝え方ですね。本人や家族は困っているから申請するわけですが、「さて、その先どうするの」という方がとても多いのです。なぜ申請するのか、申請したらどうするのか、どうしたいのかをうまく聞き出したり、それに対して説明する事ができるようにならないとなとはいつも思います。

常に笑顔、がモットー。目標は皆が気軽に集まれる場所をつくること

 人と接するときに意識しているのは、相手から「この人なら話しやすい」と感じてもらうこと。そうでないと、相談したくてもできないと思うので、自分の機嫌やコンディションが悪くても、笑顔で対応するようにしています。
 今後の目標は、私の担当は過疎化が進んでいる地域ですので、認知症カフェのようなこの地域独自の「人の集まるところ」を作ることです。できれば地域の皆さんと一緒に作れたらなと思っています。
 ところで、この地域は「宅配クック123」のお弁当サービスの範囲外のため、実はその概要をあまりよく知らなかったのですが、『1分間サービス』というのがあると聞いて、とてもいいアイディアだなと感じました。
 一人で暮らしている高齢者の方は、ちょっとした頼みごとでも、なかなか言い出しにくい方が多いと思うので、お弁当を届けてくれる顔なじみの人が、簡単な作業をしてくれるというのは、とてもよいサービスだと思います。
 それと、お弁当サービスの業者さんにはぜひ、料理内容のバリエーションや価格、土日祭日の配達など、柔軟でかつきめ細かい対応をお願いしたいです。
 「次の日にどんな楽しいことがあるかな、と思うことで活力がうまれる」というのが私の持論なのですが、今後もっとお弁当サービスが充実して、「明日の食事はなんだろう」と楽しみにしてくれる高齢者の方が増えたらいいですね。

娘とソフトボールを楽しみ、しっかり寝ることでリフレッシュ!

 平日は仕事で毎日忙しくしていますが、休日はソフトボールを始めた小学校3年生の娘の送迎や観戦があり、とても充実しています。実は自分もソフトボールのチームに所属しているのですが、今は娘のサポートが最優先(笑)。5歳の息子にも、いつか教えたいですね。
 最近の一番のストレス解消法も、娘とキャッチボールをして、その後すぐ寝ること。日光をよく浴びて、しっかり体を動かし、きちんと睡眠時間をとることで、心身共に健康でいられるのかなと感じています。
 あと、「あまり深く考え込まないこと」も、ストレスを溜めないためには大切だと思っています。だから、自分でもし物事を解決できなくても、「ほかの人ならできるかも」と発想を転換するようにしています。言葉にすると、少々無責任な感じに聞こえるかもしれませんが、自分だけがその事案に関わっているわけでないので、「自分でなんとかしなきゃ」と焦るよりは、ある程度他人まかせでよいのかなと思っています。

ストレスをためずほどよく働き、家族仲良く過ごすのが元気の秘訣

 やはりこの仕事は体が資本なので、もちろん健康にも気を使っています。特に食事に関しては、昔から早食いの傾向があり、周りの人からも怒られがちなので(笑)、なるべく30回噛んでから食べようと意識はしているんですが、なかなかできないというのが目下の悩みです。
 それと、訪問先でお菓子を出してもらうことが多く、そうなるとやはり食べざるを得ないというのも悩みどころではあります。年齢を重ねてきて、やはり太りやすくなっているので、できるだけ体を動かすようにもしています。以前は、ソフトボールのほかに、4人制のソフトバレーを週2~3日、勤務後にやっていたんですが、最近は忙しくて足が遠のいているので、ダイエットのためにも近々再開しようかなと考えています。
 あとはとにかくストレスをためず、ほどよく働いて、家族仲良く過ごすことが、やはり大切なのではないでしょうか。これからもその心がけを忘れず、ずっと元気に過ごしていければなと思っています。

・社会福祉法人 白寿会 苅田町地域包括支援センターしらかわ
・センター長
・田中 健さん
・老健で6年間介護職、有料老人ホームで6年間ほど施設ケアマネとして経験を積み、現在の社会福祉法人白寿会に入職。生活相談員を7年経験した後、平成30年(2018年)より現在の「苅田町地域包括支援センターしらかわ」へ異動、センター長とケアマネを兼務し活躍中。

ページ上部へ戻る